週刊投資経済

【FRBは動けない】アメリカのCPIから見る今後の経済と株式市場の展望

アメリカのCPIが徐々に落ち着きを取り戻してきましたが、おそらくFRBは利下げに踏み切ることができません。今のタイミングで利下げをしてしまうと、今後のインフレが再燃するリスクが高いからです。FRBが本格的に利下げを行うには、失業率が上昇する必要があることについて解説しました。
雑談

【下準備はバッチリ!】リセッションが始まるまでの順序とアメリカ経済の現在位置

アメリカのリセッションはすぐそこまで迫っており、過去の例にならって現在位置を整理しました。これから大きな暴落が訪れることは間違いありませんが、どんな暴落局面でも投資を継続できるようにリスク管理を徹底することが大事です。
週刊投資経済

【いよいよ末期】本音のISM景気指数といつも通りの雇用統計(笑)

ISM景気指数と雇用統計が発表されました。ISM景気指数の方は、4年ぶりの弱い値となっていますが、雇用統計に関してはいつも通りの強さを誇っています。ただし、失業率は上昇を始めており、いつ急激な上昇が発生するかわかりません。これからリセッションは避けられないため、ポートフォリオのリスク資産と無リスク資産のバランスに注意しましょう。
スポンサーリンク
雑談

【個人投資家でも勝てる】大型銘柄ではなく割安な小型成長株を狙え!

わが投資術に記載されている、割安な小型成長株のスクリーニング方法を紹介します。無料のツールを駆使し、銘柄のスクリーニングを行えることは投資家として覚えておいた方が良さそうです。この手法を使い、個人投資家でも勝てる投資を目指しましょう。
週刊投資経済

【利下げで崩壊】アメリカ経済のチグハグさが生んだ、リセッション確定前夜

アメリカ経済は、利下げもできず利上げもできないチグハグな状況に陥っています。このような状況で、どちらかに舵を切った場合、過去の例にならって必ずリセッションへと陥ることが確定しており、今はその前夜のような状況です。これから経済がクラッシュすることに備える必要があります。
雑談

【米国債危機】次の金融危機の震源地は、日本の可能性もあり得る!?

あおぞら銀行に引き続き、農林中金までもがアメリカの債券によってダメージを受けています。アメリカの債券が日本の銀行に影響を与えているように、世界中の銀行がアメリカの債券によってストレスを抱えた状態になっていると思います。このような状況がいつまで続くのでしょうか?
週刊投資経済

【経済の停滞は政治責任】インフレ目標に達成し、国民負担率を引き下げない日本の政治

日本のCPI(消費者物価指数)の最新データが発表されました。マイナス金利解除後の日本経済の動向を解説し、市場予想を下回る結果や、今後の経済成長に関する懸念点を詳述しています。また、税金の引き下げの重要性やG7各国と比較した国民負担率の問題についても言及。日本経済の未来について、政府と日銀の役割を再考する重要性を強調しています。
週刊投資経済

【米CPIと日銀金融政策】インフレ抑制と利下げの行方

2024年6月の米CPIと日銀の金融政策について詳しく解説。年内の利下げシナリオが現実味を帯びる中、アメリカと日本のインフレ状況、経済成長、そして今後の金融政策に重点を置きます。パウエル議長と植田総裁の発言から読み解く経済見通しと市場への影響についても解説。詳しくはブログ記事をご覧ください。
週刊投資経済

【景気後退のリスクと投資戦略】アメリカのISM景気指数と雇用統計発表

2024年6月、アメリカのISM景気指数と雇用統計が発表され、景気後退のリスクが高まっています。市場予想を下回る結果や高金利の影響で、個人消費の鈍化が続く中、今後の投資戦略と景気動向を探ります。最新の経済指標から読み取れる情報と投資家へのアドバイスを詳しく解説します。
週刊投資経済

【アメリカ経済の現状分析】最新GDPと個人消費データから見える景気後退

2024年5月27日~31日の経済情報をお届け。アメリカの1-3月期GDP改定値の発表で個人消費の落ち込みが明らかに。PCEデフレーターは横ばいで、企業は高い物価水準を維持中。個人消費支出と貯蓄率のグラフからも分かるように、消費者は貯蓄を切り崩して生活している状況です。米国の景気後退リスクと投資戦略を探りましょう。
週刊投資経済

【FRBは動けない】アメリカのCPIから見る今後の経済と株式市場の展望

アメリカのCPIが徐々に落ち着きを取り戻してきましたが、おそらくFRBは利下げに踏み切ることができません。今のタイミングで利下げをしてしまうと、今後のインフレが再燃するリスクが高いからです。FRBが本格的に利下げを行うには、失業率が上昇する必要があることについて解説しました。
週刊投資経済

【いよいよ末期】本音のISM景気指数といつも通りの雇用統計(笑)

ISM景気指数と雇用統計が発表されました。ISM景気指数の方は、4年ぶりの弱い値となっていますが、雇用統計に関してはいつも通りの強さを誇っています。ただし、失業率は上昇を始めており、いつ急激な上昇が発生するかわかりません。これからリセッションは避けられないため、ポートフォリオのリスク資産と無リスク資産のバランスに注意しましょう。
週刊投資経済

【利下げで崩壊】アメリカ経済のチグハグさが生んだ、リセッション確定前夜

アメリカ経済は、利下げもできず利上げもできないチグハグな状況に陥っています。このような状況で、どちらかに舵を切った場合、過去の例にならって必ずリセッションへと陥ることが確定しており、今はその前夜のような状況です。これから経済がクラッシュすることに備える必要があります。
週刊投資経済

【経済の停滞は政治責任】インフレ目標に達成し、国民負担率を引き下げない日本の政治

日本のCPI(消費者物価指数)の最新データが発表されました。マイナス金利解除後の日本経済の動向を解説し、市場予想を下回る結果や、今後の経済成長に関する懸念点を詳述しています。また、税金の引き下げの重要性やG7各国と比較した国民負担率の問題についても言及。日本経済の未来について、政府と日銀の役割を再考する重要性を強調しています。
週刊投資経済

【米CPIと日銀金融政策】インフレ抑制と利下げの行方

2024年6月の米CPIと日銀の金融政策について詳しく解説。年内の利下げシナリオが現実味を帯びる中、アメリカと日本のインフレ状況、経済成長、そして今後の金融政策に重点を置きます。パウエル議長と植田総裁の発言から読み解く経済見通しと市場への影響についても解説。詳しくはブログ記事をご覧ください。
週刊投資経済

【景気後退のリスクと投資戦略】アメリカのISM景気指数と雇用統計発表

2024年6月、アメリカのISM景気指数と雇用統計が発表され、景気後退のリスクが高まっています。市場予想を下回る結果や高金利の影響で、個人消費の鈍化が続く中、今後の投資戦略と景気動向を探ります。最新の経済指標から読み取れる情報と投資家へのアドバイスを詳しく解説します。
週刊投資経済

【アメリカ経済の現状分析】最新GDPと個人消費データから見える景気後退

2024年5月27日~31日の経済情報をお届け。アメリカの1-3月期GDP改定値の発表で個人消費の落ち込みが明らかに。PCEデフレーターは横ばいで、企業は高い物価水準を維持中。個人消費支出と貯蓄率のグラフからも分かるように、消費者は貯蓄を切り崩して生活している状況です。米国の景気後退リスクと投資戦略を探りましょう。
週刊投資経済

【早すぎた事実上の利上げ…】マイナス金利解除によるインフレ鎮静化の兆し

日本銀行のマイナス金利解除が日本のCPIに与える影響を解説。金利引き上げによる物価の下落が続き、インフレ目標達成が困難に。詳細なデータから今後の金融政策を考察し、税制改革の必要性を指摘。日本株投資の強気スタンスは継続し、他国株式市場との比較も行います。経済動向に影響する最新情報を提供し、今後の展望を解説します。詳しくはこちらで確認してください。【インフレ 金融政策 CPI 日本株投資 経済成長】
週刊投資経済

【インフレとスタグフレーション】米CPIと日本GDPが示す経済の行方

2024年5月の米CPIと日本のGDP速報値を分析。日本のインフレとスタグフレーション、減税と利上げの必要性について解説。アメリカの高金利政策が日本経済に与える影響を詳述し、今後の経済展望を探ります。最新の経済動向を詳しく知りたい方は必見の記事です。
週刊投資経済

【景気の先行指標】TELの決算から読み解く、今後の景気予想

2024年第4四半期、半導体製造装置の東京エレクトロンの決算が発表されました。これは景気の先行指標とされ、売上高などが前年比で17.1%減少したものの、予想よりは上回っています。しかし、2025年へ向けて景気が悪化する可能性が指摘され、特に中国向けの売上が大きいため、中国の経済低迷や不動産バブル崩壊の影響に警戒が必要です。
日常

【歴史に残る売国】NTT法が改正され、日本の通信インフラが危機的な状況に…!

売国政権が歴史に残る改正案として「NTT法」の改正を閣議決定しました。しかし、改正内容は不必要なものが含まれ、国の通信機能やプライバシー保護に影響する可能性があります。具体的には、研究開発の自律性の強化や外国人役員の規制緩和などが盛り込まれています。これにより、日本の通信技術が他国に漏れるリスクが高まります。政治の透明性や国益を損なう恐れがあり、次の選挙で政権交代が求められています。
日常

【異例の提訴!?】犯罪行為が報道されると「人権侵害だ」と訴えるクルド人

クルド人による日本人差別は収まらず、ヘイトスピーチが行われたという事実が存在します。ヘイトスピーチを行った張本人は謝罪会見を行いましたが、その後日本人ジャーナリストを提訴しました。 また、先日は不法滞在者のクルド人2世が日本人の中学生を強姦するというあってはならない事件が発生しました。 しかし、この件に関して国会議員は管轄外として問題から目を背け、日本国民を見捨てました。 このような事態が発生しているのにもかかわらず、移民政策を推し進めている自民党・公明党の政権与党は日本を衰退させている自覚がありません。
日常

【日本保守党の初陣】不祥事続きの衆院東京15区補欠選挙にクリーンな候補者を擁立!

日本保守党が結成され、衆院東京15区の補欠選挙に候補者を擁立することが決定しました。候補者はイスラムの思想研究者である飯山陽さんであり、中東情勢に詳しい方です。日本の政治において、中東の問題やクルド人の問題などが取り上げられることは少ない中、彼女の専門知識が政治の中枢で重要な役割を果たすことが期待されています。 補欠選挙が行われたのは、自民党の推薦候補が職選挙法違反で起訴されたためであり、自民党の候補者が立て続けに不祥事に関与している状況です。このような背景から、日本保守党の台頭が日本の政治シーンに新たな風を吹き込む可能性があります。
日常

【スパイ天国も終わり?】議員会館に出入り自由だった中国籍の女が書類送検

海外からのスパイ工作や詐欺などの問題が深刻化している日本で、中国籍の女性が詐欺容疑で書類送検されました。この女性は国家基盤に関わる重要な問題であり、中国の秘密警察の存在が指摘されています。中国では国防動員法があり、海外に住む中国人も共産党の指示に従わなければならず、秘密警察が活動しています。この女性が日本の議員会館に自由に出入りしていたことは大きな問題であり、セキュリティ・クリアランス制度の設立が急がれています。この制度がないことで日本の経済や安全保障に悪影響を及ぼす可能性があり、政府は対策を急ぐ必要があります。
日常

【日本人〇ネ!】日本への差別・ヘイトスピーチが止まらないクルド人

この動画は、2024年2月18日に蕨駅で発生した、移民によるヘイトスピーチを示しています。ヘイトスピーチによって日本人を攻撃している様子が明らかになっています。さらに、川口市では身元不明の遺体が川に浮かぶ事件が相次いでおり、治安の悪さが深刻化していることが示唆されています。これらの問題は、クルド人との関連が指摘されており、PKKというテロ組織がクルド人に関連している可能性が示唆されています。また、日本国内におけるクルド人の影響力や友好議連の存在なども取り上げられています。 これらの事実は、日本国内における移民や外国人との関係や、治安の問題に対する重要な議論を呼び起こしています。現在の状況を正確に把握し、適切な対策を講じる必要があるでしょう。
投資

【金利のトレンド転換】2023年を振り返って来年の投資戦略を整理する

2023年の金利動向: 2022年はFRBが急激な利上げを行い、日米金利差が開いて円安が進んだ。 2023年ではFRBが金利上昇を抑制し、逆に日銀が金利を示唆してドル円は円高に傾くとの予測。 金利チャートの分析: アメリカの10年金利が急速に下落し、日本は横ばいで抑えられている。 アメリカの金利水準がまだ高いため、アメリカでの利下げ余地があり、ドル円は円高方向に振れる可能性。 ドル円チャートと為替の展望: ドル円は円高に振れ、これはアメリカの利下げが主因と考えられる。 アメリカ経済の減速が続く場合、リセッションの可能性があり、円高によりアメリカ資産が割安になる。 投資戦略の提言: アメリカが利下げる中、円高が進むならば、円でアメリカ資産を購入する価値が増す。 分散投資が重要であり、今は全世界株などが良い選択肢。 総括と今後への展望: 2023年は貯めてきた日本円を世界に投じる年となり得る。
雑談

【下準備はバッチリ!】リセッションが始まるまでの順序とアメリカ経済の現在位置

アメリカのリセッションはすぐそこまで迫っており、過去の例にならって現在位置を整理しました。これから大きな暴落が訪れることは間違いありませんが、どんな暴落局面でも投資を継続できるようにリスク管理を徹底することが大事です。
雑談

【個人投資家でも勝てる】大型銘柄ではなく割安な小型成長株を狙え!

わが投資術に記載されている、割安な小型成長株のスクリーニング方法を紹介します。無料のツールを駆使し、銘柄のスクリーニングを行えることは投資家として覚えておいた方が良さそうです。この手法を使い、個人投資家でも勝てる投資を目指しましょう。
雑談

【米国債危機】次の金融危機の震源地は、日本の可能性もあり得る!?

あおぞら銀行に引き続き、農林中金までもがアメリカの債券によってダメージを受けています。アメリカの債券が日本の銀行に影響を与えているように、世界中の銀行がアメリカの債券によってストレスを抱えた状態になっていると思います。このような状況がいつまで続くのでしょうか?
雑談

【アメリカ経済の深刻な現状】消費者の消費意欲低下と企業決算の実態

アメリカの消費者がすでに消費意欲を失っていることが、企業の決算によって明らかになりました。先週からアメリカ経済がスタグフレーションに陥ったのではないかと話題になっていますが、その実態はかなり深刻なようです。マクドナルドやスターバックスの売上減少、貯蓄率の低下、クレジットローンの返済問題などから、アメリカ経済がリセッションのリスクに直面していることがわかります。この記事では、その実態を詳しく解説し、景気後退を乗り切るための資金管理方法も紹介します。
雑談

【ポストまとめ】商業用不動産や求人件数の激減、消費者信頼感指数など景気後退が濃厚なアメリカ経済の今

アメリカ経済の状況を追跡する当ブログが、X(旧Twitter)で情報発信を行っています。最近の投稿では、逆イールドが過去最長クラスの長期間続いており、これがS&P500に約60%の暴落をもたらす可能性があることが警告されています。また、商業用不動産ローンの債務不履行により、銀行破綻が懸念されています。消費者信頼感指数も2年ぶりの最低水準に低下し、トランプ政権の政策がドル円の動向に影響を与える可能性も指摘されています。詳細はX(旧Twitter)をチェックしてください。
雑談

【米国株はオワコン】バンガード社の経済レポートからアメリカの経済について抜粋

バンガード社の2024年4月の投資と経済の見通しレポートによると、アメリカの利下げは悲観的であり、現状ではコアCPIが強すぎるため利下げが難しい状況です。また、金融市場の見通しでは、米国株は弱気な見方がされており、特に米国グロース株のリターンは0.9%-2.9%と予測されています。バンガード社はアメリカ経済に懸念を抱いており、今後の経済成長率は2%程度と見込まれています。これに基づき、S&P500やVTIに投資するのではなく、世界に分散されたインデックスへの積立が勧められています。
雑談

【アメリカは詰んでいる】イスラエルとイランの報復が経済にもたらす影響

中東情勢が緊迫し、イスラエルとイランの報復攻撃が懸念される状況です。このまま中東の戦争が勃発すれば、経済や株価に悪影響が出る可能性が高いと考えられます。アメリカは現在、インフレを抑えるために高金利を維持しており、インフレの放置はハイパーインフレにつながる恐れがあります。しかし、高金利は経済へのダメージをもたらし、借金返済が困難になる恐れがあります。中東情勢が影響し、原油価格が上昇すれば日本の原油価格も高騰し、為替介入や米国債の売却などの措置が取られる可能性があります。アメリカの債券購入が経済発展の要であったが、その副作用が問題視されています。結論として、アメリカ経済はリセッションを避けられず、日本も株価や不動産の一時的な暴落に直面する可能性があるため、分散投資を検討することが重要です。
雑談

【S&P500は大丈夫?】アメリカの雇用統計の中身を見ると、リセッションに入ることがわかりました…

アメリカの雇用統計が市場予想を上回る強い数値を示していますが、その内訳を見ると、正社員の数は増加せず、パートタイムの数が増えている傾向があります。このような状況では、雇用統計が経済の実態を正確に反映しているとは言い難く、投資判断をする際には慎重さが求められます。アメリカ経済は過去のデータから見るとリセッションのリスクが高まっており、単一の市場に依存せず、分散投資を心がけることが重要です。
雑談

【過去に例外なし】リセッションは確実に発生し、そのタイミングは近い

先日のFOMCで、パウエル議長の発言からアメリカの金利は利下げに向かう可能性が高まっています。景気の悪化や逆イールドの発生により、経済が壊れる可能性があり、FRBは金利を下げる必要があります。過去のデータから、逆イールドが発生するとリセッションが発生する傾向があることが示唆されています。今回の逆イールドは深く、リーマンショック時よりも長く続いているため、今後のリセッションの影響は予測できません。リセッションの発生は近い可能性があり、市場動向と金利水準を注視する必要があります。
雑談

【米不動産が危ない】リーマンショック以上の下落が起きてもおかしくない状況です…

アメリカの商業用不動産が大きく価値を下げ、これが日本のあおぞら銀行などにも影響を及ぼしています。特に、サンフランシスコの次はサンホセのテナント事情が深刻で、店舗が空きっぱなしの通りが目立ちます。この状況は、不動産所有者にとって返済が難しくなるリスクを高めます。住宅用の不動産市場も下落し、アメリカ経済がリセッションに向かう可能性が高まっています。
スポンサーリンク