米CPI

週刊投資経済

【米CPIと日銀金融政策】インフレ抑制と利下げの行方

2024年6月の米CPIと日銀の金融政策について詳しく解説。年内の利下げシナリオが現実味を帯びる中、アメリカと日本のインフレ状況、経済成長、そして今後の金融政策に重点を置きます。パウエル議長と植田総裁の発言から読み解く経済見通しと市場への影響についても解説。詳しくはブログ記事をご覧ください。
週刊投資経済

【インフレとスタグフレーション】米CPIと日本GDPが示す経済の行方

2024年5月の米CPIと日本のGDP速報値を分析。日本のインフレとスタグフレーション、減税と利上げの必要性について解説。アメリカの高金利政策が日本経済に与える影響を詳述し、今後の経済展望を探ります。最新の経済動向を詳しく知りたい方は必見の記事です。
週刊投資経済

【円安止まらず!】インフレが鈍化しないアメリカ経済のリセッションが近づいています

米CPIが発表され、市場予想を上回る強い結果となりました。この結果から、利下げの予想が悲観的になり、日米金利差が縮まらずにドル円は円安方向へ進む可能性が高まりました。インフレが鈍化せず、金利を引き上げる場合、一般消費者の負担が増える恐れがあります。これらの要因から、一般消費者は経済の限界に近づいており、エブリシング・バブルの崩壊が近づいている可能性があります。その際には、アメリカも景気を回復させるために利下げを行う可能性があり、ドル円が円高方向へ振れることが予想されます。
週刊投資経済

【インフレは未だ下がらず】アメリカの景気が良すぎると日本経済にとっては良くない理由

2024年3月、米国の消費者物価指数(CPI)が発表されました。市場予想とほぼ一致しつつも、やや高めな数字が示されました。これにより、FRBが目指す2.0%のインフレ目標を大きく上回る結果となりました。金利の調整が難しく、現状の金利を維持するか引き上げるかが検討される中、市場の見通しでは金利の据え置きが予想されています。この状況下では、円安傾向が続き、アメリカの金利が下がらない限り、円高に転じる可能性は低いと見られます。
週刊投資経済

【米国の中国化が止まらない】米CPIが発表されましたが、必ず強い結果しか出ません…

アメリカのCPI(消費者物価指数)が発表されました。CPIは物価上昇や下落の指標として使用され、今回は前年比で+3.1%、市場予想を上回る結果となりました。コアCPIも3.9%に上昇し、金利の上昇が予想されます。市場はこれに反応し、利上げの予想が6月に後退しました。経済指標の信憑性に疑問が投げかけられつつも、株価は上昇し続けています。しかし、経済が強いとしても金利が高止まりしていることに矛盾があり、米国株への投資には慎重が必要です。
週刊投資経済

【インフレは落ち着いた?】米国CPIはピークアウトし、これから利下げに向かうのか?

記事はアメリカの2024年1月のCPI発表とそれに対する市場の反応に焦点を当てています。CPIは前年比3.4%で市場予想を上回りました。一方で、求人件数の減少やクレジットカードの滞納率の上昇など、他の指標からは異なる経済の実態が見受けられます。特に、雇用統計の強さはパートタイムやダブルワーカーの影響がある可能性が指摘されています。これらの状況を踏まえ、アメリカ経済は深刻な状態にある可能性が高く、市場の反応や金融政策には慎重な姿勢が求められています。
投資

【インフレは終了?】アメリカ景気は利下げへと向かう予想で株価が強く上昇しています。

CPI発表: 2023年11月のCPIが発表され、市場の予想に合致する結果となった。 CPIは+3.1%、コアCPIは+4.0%。住居費や輸送サービス、医療サービスの価格上昇が見られる。 FOMC会合: 2023年最後のFOMCが開催され、金利は据え置きとなった。 来年に向けては金利引き下げが予想されており、米ドルが円に対して大きく上昇した。 円高と日本株: 円高が進むと予測され、これが日本株に影響を与える可能性がある。 アメリカの景気悪化により、円高の影響が増す可能性が指摘されている。 シナリオと投資戦略: アメリカは利下げ、日本は利上げに向かうというシナリオが描かれている。 これに伴い、日米の金利差が縮まり円高になるとの予想が提示されている。 世界中での分散投資が円高時において有益であるとの視点が示されている。 未来の可能性: 戦争や新たな感染症の発生など、未来におけるリスクに言及されている。 2024年の大統領選挙を含む将来の政治的な出来事が市場に影響を与える可能性が指摘されている。 投資のアプローチ: 2024年以降が注目されており、そのタイミングでの円の有効な使い方が提案されている。 積立投資を継続しながら、将来の動向を見極める姿勢がアドバイスされている。
投資

【日米の明暗】景気の転換点に差し掛かった日米の経済指標

10月の米国CPI(消費者物価指数)の発表とそれに伴う市場の動向に関するコメントをまとめます。 CPIデータ: 10月のCPIは、前年比で+3.2%、市場予想は+3.3%でした。また、コアCPI(食品とエネルギーを除く指数)は+4.0%で、市場予想と同じく+4.1%でした。 これは市場予想を下回り、特にコアCPIが予想に達していませんでした。 市場予測: 投資家たちの利上げの予測が0%になり、次回とその次回のFOMCでの利上げの予測が0%となりました。これは利上げが当分行われないとの期待を示唆しています。 これにより、市場はFRB(連邦準備制度理事会)が金融政策を引き締めないだろうと見ており、これが株式市場の上昇に寄与する可能性があります。 市場の反応: これに対する市場の反応は予測困難で、経済指標が市場予想を下回っても、その後の金融政策見通しや他の経済指標などによって市場がどう反応するかが大きく変わります。 特に、インフレが続く中で利上げ期待が低まれば、リスク資産への投資が増える傾向がありますが、その反面で景気減速や過度なインフレへの懸念があれば、保守的な姿勢が強まります。 GDP速報値: 日本のGDP速報値も注目されています。これが予想を大きく下回り、スタグフレーションの傾向が見られています。需要の低迷と物価上昇が同時に起こっていることが指摘されています。 結論と今後の展望: 今後はアメリカの金融政策、特にFRBの発表やコメントに注意が必要です。市場は金融政策の方向性に強く反応する可能性があります。 同様に、日本の経済状況も注視が必要であり、特にスタグフレーションの要因や対策が焦点となるでしょう。 投資においては、様々なリスクを考慮しながら、柔軟かつ慎重なアプローチが求められます。
投資

【インフレがピークアウト?】2022年8月の米CPI指数が発表

2022年8月の米CPI指数が発表されました。 今回の発表を受けて、今後の株式相場の動向をまとめてみました。
投資

【インフレは高止まり?】市場予測を下回る2022年7月米CPIが発表

2022年7月の米CPIが発表されました。 今回の発表を受けて、インフレの高止まり感があり株式相場には良い影響となりそうです。 しかし、まだまだ油断できない材料が多いため、そちらを解説しました。
スポンサーリンク