リセッション

雑談

【グローバリストも売ってた】ビル・ゲイツの慈善団体が株式を売却しているようです…

ビル・ゲイツは、世界的なリーダー企業のマイクロソフトの創業者であり、グローバリストとして知られています。彼は最近、自身の慈善団体であるビル&メリンダ財団のポートフォリオ内の株式のほとんどを売却し、株のポジションを縮小しています。この行動は、世界的なリセッションの可能性に対する警戒心の表れとみられ、彼の行動には注目が集まっています。
雑談

【逃げろ】アメリカの商業用不動産市況が日米の地銀へ悪影響を及ぼしている

日本のあおぞら銀行が決算後にストップ安となりました。銀行は配当を無配にし、投資家の売りが殺到したためです。これはアメリカの不動産市場の影響を受けており、投資家に実害をもたらしています。同様に、米地銀のNYCBもジャンク級へ格下げされ、商業用不動産への融資が影響しています。経済危機の兆候が増えている中、株式投資には注意が必要です。
雑談

【経済の崩壊】中国はGDPの水増しや失業率の隠蔽など様々な統計操作を行っています

中国の経済は不動産大手の破綻、シャドーバンクの破綻により深刻な状態にあり、GDPの成長には疑問が投げかけられています。若者の失業率が報告よりも高く、経済は不必要な建設プロジェクトにより水増しされています。中流階級は購買力を喪失し、外国資本の撤退により雇用が減少。中国経済は先行き不透明で、国力低下や他国からの攻撃の可能性が指摘されています。
スポンサーリンク
週刊投資経済

【インフレは落ち着いた?】米国CPIはピークアウトし、これから利下げに向かうのか?

記事はアメリカの2024年1月のCPI発表とそれに対する市場の反応に焦点を当てています。CPIは前年比3.4%で市場予想を上回りました。一方で、求人件数の減少やクレジットカードの滞納率の上昇など、他の指標からは異なる経済の実態が見受けられます。特に、雇用統計の強さはパートタイムやダブルワーカーの影響がある可能性が指摘されています。これらの状況を踏まえ、アメリカ経済は深刻な状態にある可能性が高く、市場の反応や金融政策には慎重な姿勢が求められています。
雑談

【米国経済のきな臭さ】2024年の米国株リセッションに要注意!

求人件数の落ち込み: インデックスの伸びと求人件数の減少の相関が失われている。これが米国経済に何かしらの問題がある兆候ではないかと懸念されている。 クレジットカードの滞納率の上昇: クレジットカードの滞納率が過去最高に達しており、これはリーマンショック時以上の水準。 クレジットのリボ払いからBNPL(分割後払い)への移行が進んでおり、高金利による破産リスクが懸念されている。 雇用統計の違和感: 強い雇用統計には疑問符がついており、動画で解説されているように、正社員の減少に対しアルバイトの増加やダブルワーカーのカウントが影響している可能性が指摘されている。 投資に対する警戒感: 米国株は利下げ期待が高まっているが、記事はこれを警戒する立場をとっている。 リセッションの兆候が見られ、2024年も慎重な投資が必要とされている。
企業分析

【景気先行指数の先行指数】半導体製造装置の売り上げがやばい…

東京エレクトロンの決算: 東京エレクトロンの決算発表では、前年同月比で-39.7%もの売上高の減少が報告されています。 これは半導体関連企業の業績が大きく影響を受けており、景気の先行きに対する懸念材料となっています。 以前の報告よりも落ち込みが激しく、これが今後一層の経済活動の縮小を示唆していると指摘されています。 景気の先行指標としての半導体業績: 半導体は一般的に景気の先行指標とされており、半導体装置を提供する企業の業績が減少することは、景気減速の先触れである可能性があります。 これは世界的な半導体不足とも関連があり、製造業全体に影響を及ぼしていると考えられています。 そのため、半導体業界の動向を把握することは、全体の経済動向を理解する上での鍵となります。 市場のセンチメント: 現在の市場センチメントは「FEAR」の状態であり、株価の下落がみられています。 恐怖指数が低い水準にあり、これが株価の下落に伴う不安感を示しています。 これには世界情勢や将来の不確実要因(アメリカ大統領選挙など)が影響しており、市場の不安定性が高いことがうかがえます。 投資の視点: 景気の縮小が予想される中、リスク資産への過剰な投資は慎重が必要とされています。 東京エレクトロンのような半導体企業の業績は、景気の先行きを先取りする指標となるため、これに注目することが重要です。 マーケットが不安定な状況であるため、様々な要因を考慮して投資判断を行うことが求められます。
投資

【インフレは継続】金利予想が楽観的である時は、金利上昇を疑う

PCEデフレーターの発表と金融政策、市場の予測に関するコメントについて、以下の点が示されています。 1. PCEデフレーターの発表:PCEデフレーターは、アメリカの消費者物価の変動を示す重要な経済指標で、金融政策の意思決定に影響を与える重要な要素です。最新のデータによれば、PCEデフレーターが前年比で上昇傾向にあり、インフレーションの圧力が続いていることを示しています。特にコアPCEデフレーター(食品およびエネルギーを除いた指標)も高い水準にあり、これがインフレ対策に焦点を当てた金融政策の議論を引き起こす可能性があります。 2. インフレと金融政策:インフレの上昇は、中央銀行の金融政策に大きな影響を与えます。一般的に、中央銀行は高インフレを抑制するために金利を引き上げる傾向にありますが、金利が上昇してもインフレが収まらない特殊な状況にあると指摘されています。このため、今後の金融政策の方針が注目されています。 3. アメリカドルの価値と原油価格:アメリカドルの価値は、原油などのコモディティ価格に影響を与えることがあります。通常、ドルが強いとコモディティ価格は下落し、逆にドルが弱いと価格が上昇する傾向があります。しかし、現在の市場ではドルとコモディティ価格が同時に上昇しているという特異な状況が指摘されています。 4. バイデン政権とインフレ:バイデン政権は高額の支出政策を推進し、インフレ圧力を高めているとの指摘があります。政策の中にはハイテク産業や労働者に対する支援が含まれており、市場に資金を供給していると評価されています。しかし、その一方でインフレを抑制する政策に踏み込んでいるとは言い難いとの見方が示されています。 5. 投資のアプローチ:今後、アメリカ株式が最強とされる時代は過去のものである可能性が示唆されており、全世界株式などの多様な投資対象に分散することが提案されています。また、投資のタイミングについては、冷静な視点で市場を見つつ、積み立て投資を継続する一方で、スポットでの購入には注意が必要とされています。 6. 金利予想の変動:金利予想は市場の動向や経済指標に応じて変動することが一般的であり、楽観的な予想が時に現実と乖離することがあります。金利の動向は経済活動に影響を与えるため、今後の金融政策の予測に大きな意味を持ちます。リセッションのタイミングについても、予想が変化していることに言及されています。 金融政策や市場の動向に関する洞察を共有いただき、今後の経済情勢についての理解が深まります。引き続き、新たな情報や見解をお聞かせいただければ幸いです。
投資

【金利は据え置き】景気の大局感を掴み、極端なFIREを目指すな!

金融政策と市場の予測において、予想が変動することは一般的であり、特にインフレや景気の変動に対する市場の反応は繁忙期に大きな影響を与えることがあります。金利の動向や政策変更に敏感な市場は、経済指標の変動や中央銀行の発表に反応することが多く、その反応が市場の予測に影響を与えることは一般的です。 また、FIRE(経済的自由を獲得し、早期退職を目指す)についてのコメントも興味深いものです。お金だけを追求するのではなく、バランスの取れた人生を楽しむことの重要性を強調しています。確かに、お金は生活の重要な要素ですが、それだけでは幸福感や充実感を得ることが難しい場合があります。人間関係や経験、趣味など、お金以外の側面も人生を豊かにする要素として重要です。 バランスを取りながら、将来のために賢明な投資や貯蓄を行いつつ、充実した人生を送ることは、多くの人にとって理想的なアプローチであると言えるでしょう。 今後も経済情勢や投資に関する情報を提供いただけることを楽しみにしています。何か質問や情報共有があれば、どうぞお知らせください。
投資

【インフレ再燃懸念!?】米ISM景気指数から見る経済と株式市場の現在位置

米国のISM景気指数の結果が予想を上回ったことから、金利上昇への懸念が高まっている点は注目すべきです。また、中央銀行が発行したお金の量の増加についても、経済の動向に影響を及ぼす要因として議論されています。 経済や投資においては、過去のデータや現在の指標だけでなく、将来の見通しや時間軸を考慮することが重要です。投資家にとっては、リスクとリターンのバランスを考えながら戦略を立てる必要があります。
投資

【日本景気は減速する?】FOMCに引き続き日銀の金融政策も利上げへ…?

2023年7月、FOMCと日銀の金融政策決定会合が行われました。FOMCでは市場予想通り25bpの利上げが実施され、しかし市場はほとんど反応しませんでした。パウエル議長の会見では、経済活動が緩やかに拡大しているものの、インフレ率が高水準であることが確認されました。また、日銀の金融政策決定会合では、10年金利のコントロール方針が変更され、1.0%まで許容する方針が示されました。これにより、日銀はYCCの撤廃に向けた出口戦略を示唆しています。しかし、景気が回復しきっていない現状では金利水準に注意が必要であり、経済の動向に注目が集まる状況です。
スポンサーリンク