ISM景気指数

週刊投資経済

【リセッション前夜】雇用統計さえも強く見せることを諦めたアメリカ経済

2024年5月、企業の購買担当者への調査結果に基づくISM景気指数が発表されました。製造業・非製造業ともに50を下回り、経済の不況が明らかになりました。景気が低迷する中、雇用統計も悪化し、利下げの可能性が浮上していますが、インフレ再燃の懸念から慎重な見方もあります。アメリカ経済のリセッションを避けるのは難しく、積立投資などの戦略が重要です。
週刊投資経済

【利下げ不可能?】インフレ再燃が懸念される米国経済と日本の大企業の未来は明るい

2024年4月、日銀短観が発表されました。これは日本の大企業の景気を測る重要な指標であり、製造業と非製造業の景況指数は市場予想を上回る好調な結果となりました。これは日本経済の拡大を示すものであり、ゼロ金利政策の解除に伴う景気の引き締め効果はまだ現れていません。また、次回の日銀短観では金利の動向が注目されます。
週刊投資経済

【驚きの下方修正】ISM景気指数と雇用統計の矛盾

2024年3月には米国のISM景気指数が発表され、製造業と非製造業の両方が市場予想を下回りました。 これにより、アメリカの経済が悪化していることが示唆されました。 同時に、雇用統計も発表され、雇用者数が市場予想を大幅に上回りましたが、以前の値が修正されるなど、信頼性に疑問符がつきました。 移民とダブルワーカーの存在により、正社員の雇用が増えているように見えるが、実際にはパートタイム労働者が増加していることが指摘されています。 これらの経済情報から、アメリカの景気が悪化し、経済が強くない状況が浮き彫りになっています。
週刊投資経済

【経済指標は相変わらず強い】強い経済指標だけを見て、株式に強気になるのは危険です…

2024年2月、米国のISM景気指数が発表されました。製造業指数は前回よりも回復しましたが、50を下回っているため景気の拡大とは言えません。一方、非製造業指数は大きく拡大しており、経済の強さを示しています。これにより、金利の据え置きが予想されていますが、今後の銀行破綻の懸念もあります。経済指標だけでなく、不透明な要素にも注意が必要です。
投資

【金利水準は据え置かれる】アメリカの経済指標はほどよく減速している

ISM景気指数: 製造業の景況指数(PMI)が46.7で、50を下回り景気の縮小を示唆している。 非製造業の景況指数(NMI)が52.7で、やや改善しているが、依然として中立的な水準。 雇用統計: 雇用者数が19.9万人増加し、失業率は3.7%と低下。 平均時給は4.0%で据え置かれ、労働参加率も微増。 製造業の縮小と雇用の動向: 製造業が縮小傾向で、雇用者数や景況感が低下している。 非製造業は引き続き改善しており、雇用者数が増加している。 景気の二極化と雇用: 製造業と非製造業で雇用の二極化が進んでおり、非製造業の雇用は拡大傾向。 ただし、非製造業の雇用者数の拡大が転職の頻度にも影響している可能性あり。 雇用統計の矛盾: 消費が厳しいとされていたが、雇用者数の増加や失業率の低下などから今後の景気回復が期待される。 金利政策への影響: 雇用の良好な動向から、金利政策に対する懸念が示唆されている。 金利の動きはインフレリスクや景気の持続可能性に影響を与える可能性がある。 経済指標と金融市場への影響: 経済指標の動向が金融市場に影響を与え、資産運用の視点からも注視が必要。 米ドルは金利の動向によって影響を受け、保有を継続するとの見解。 金利政策の難しさ: 雇用が好調であるがゆえに、金利引き下げや引き上げが難しい状況にある。 経済指標の変化が金利政策にどのように反映されるかが今後の焦点。
投資

【日本株の時代到来】強い日本経済と実体を伴わないアメリカ経済

日銀短観: 日銀短観は、日本国内の企業による景気評価を示す重要な指標です。 今回の発表では、大企業業況判断がかなり良好な数字となり、特に非製造業の景況感が高まっています。 この好調なデータから、日本経済は上向いており、賃上げなどが消費を刺激し、景気向上に寄与すると予想されています。 新NISAなどにより、日本の投資が増え、設備投資や雇用の増加につながる可能性があるとの指摘です。 米国ISM景気指数: 米国のISM景気指数は、製造業と非製造業の指数からなり、企業の経済活動の景況感を測るために利用されます。 今回の発表では、製造業の数字が増加傾向にあり、景気が盛り返していることを示唆しています。 ただし、この好調な経済指標が金利上昇を引き起こし、債券市場に影響を与えているとの指摘があります。 米国雇用統計: 米国の雇用統計は、労働市場の状況を示す指標です。 雇用者数が増加している一方、失業率も上昇しており、特にパートタイム労働者の増加が影響しています。 平均時給の鈍化も指摘されており、経済の実態が予想よりも良くない可能性が示唆されています。 将来的には、景気がさらに悪化し、金利が下落する可能性についても言及されています。
スポンサーリンク