雇用統計

週刊投資経済

【雇用は強い!(笑)】中国共産党並みに信用ならない米国の雇用統計が発表!

2024年1月のFOMCで、市場は利下げを予想していましたが、金利水準は据え置かれました。パウエル議長は景気が予想通り展開すれば政策金利を戻すと述べましたが、現在の水準が適切ならば長期的に維持する可能性も示唆されました。しかし、声明文の変更があり、景気の抑制的な政策に影響が及ぶ可能性が指摘されています。雇用統計も発表され、強すぎる結果が示されていますが、信憑性に疑念があります。
雑談

【米国経済のきな臭さ】2024年の米国株リセッションに要注意!

求人件数の落ち込み: インデックスの伸びと求人件数の減少の相関が失われている。これが米国経済に何かしらの問題がある兆候ではないかと懸念されている。 クレジットカードの滞納率の上昇: クレジットカードの滞納率が過去最高に達しており、これはリーマンショック時以上の水準。 クレジットのリボ払いからBNPL(分割後払い)への移行が進んでおり、高金利による破産リスクが懸念されている。 雇用統計の違和感: 強い雇用統計には疑問符がついており、動画で解説されているように、正社員の減少に対しアルバイトの増加やダブルワーカーのカウントが影響している可能性が指摘されている。 投資に対する警戒感: 米国株は利下げ期待が高まっているが、記事はこれを警戒する立場をとっている。 リセッションの兆候が見られ、2024年も慎重な投資が必要とされている。
投資

【金利水準は据え置かれる】アメリカの経済指標はほどよく減速している

ISM景気指数: 製造業の景況指数(PMI)が46.7で、50を下回り景気の縮小を示唆している。 非製造業の景況指数(NMI)が52.7で、やや改善しているが、依然として中立的な水準。 雇用統計: 雇用者数が19.9万人増加し、失業率は3.7%と低下。 平均時給は4.0%で据え置かれ、労働参加率も微増。 製造業の縮小と雇用の動向: 製造業が縮小傾向で、雇用者数や景況感が低下している。 非製造業は引き続き改善しており、雇用者数が増加している。 景気の二極化と雇用: 製造業と非製造業で雇用の二極化が進んでおり、非製造業の雇用は拡大傾向。 ただし、非製造業の雇用者数の拡大が転職の頻度にも影響している可能性あり。 雇用統計の矛盾: 消費が厳しいとされていたが、雇用者数の増加や失業率の低下などから今後の景気回復が期待される。 金利政策への影響: 雇用の良好な動向から、金利政策に対する懸念が示唆されている。 金利の動きはインフレリスクや景気の持続可能性に影響を与える可能性がある。 経済指標と金融市場への影響: 経済指標の動向が金融市場に影響を与え、資産運用の視点からも注視が必要。 米ドルは金利の動向によって影響を受け、保有を継続するとの見解。 金利政策の難しさ: 雇用が好調であるがゆえに、金利引き下げや引き上げが難しい状況にある。 経済指標の変化が金利政策にどのように反映されるかが今後の焦点。
スポンサーリンク
投資

【対照的な日米金利】金利差の縮小と米リセッションの兆し

日本の金融政策: 日本の中央銀行(日銀)は、インフレが低水準であるという状況下で、今回の金融政策決定会合で金利の上限を1%を目標とすることを示唆しました。 日本の金利を引き上げる動きがあり、その理由はインフレを抑制するためであり、通貨の価値が下がっていることによる輸入物価の高騰に対処するための措置と思われます。 米国の金融政策と景気指標: アメリカの金融政策(FOMC)は金利を据え置きとし、現時点では金利の据え置きが続いています。これに反して、日本の金利は上昇基調にあるとの見方が示されています。 雇用統計が悪化し、金利の動向によって株式市場に影響が出ているとの観測があります。 ISM景気指数では製造業・非製造業とも市場予想を下回り、前回よりも悪い結果となりました。この状況は景気が縮小している可能性を示唆しています。 予測と投資の視点: 日本と米国の金利政策が異なる方向に動いており、その違いが円高の可能性を含めたインフレ対策に影響を与える可能性があります。 米国の雇用統計や景気指数の悪化は、今後の景気の悪化を示唆しています。 これまでの歴史から、リセッションの発生は金利の下落のタイミングであり、今回の景気指標の悪化も将来のリセッションを予測する指標と捉えられています。
投資

【日本株の時代到来】強い日本経済と実体を伴わないアメリカ経済

日銀短観: 日銀短観は、日本国内の企業による景気評価を示す重要な指標です。 今回の発表では、大企業業況判断がかなり良好な数字となり、特に非製造業の景況感が高まっています。 この好調なデータから、日本経済は上向いており、賃上げなどが消費を刺激し、景気向上に寄与すると予想されています。 新NISAなどにより、日本の投資が増え、設備投資や雇用の増加につながる可能性があるとの指摘です。 米国ISM景気指数: 米国のISM景気指数は、製造業と非製造業の指数からなり、企業の経済活動の景況感を測るために利用されます。 今回の発表では、製造業の数字が増加傾向にあり、景気が盛り返していることを示唆しています。 ただし、この好調な経済指標が金利上昇を引き起こし、債券市場に影響を与えているとの指摘があります。 米国雇用統計: 米国の雇用統計は、労働市場の状況を示す指標です。 雇用者数が増加している一方、失業率も上昇しており、特にパートタイム労働者の増加が影響しています。 平均時給の鈍化も指摘されており、経済の実態が予想よりも良くない可能性が示唆されています。 将来的には、景気がさらに悪化し、金利が下落する可能性についても言及されています。
投資

【徐々に景気悪化?】アメリカの経済が縮小し始めているが、まだまだ景気は強い

【2023年4-6月期 米GDP改定値発表】 アメリカのGDP改定値が発表され、速報値から改定された数値が示されました。結果は速報値や市場予想に対して下振れし、高金利市場の影響が経済にじわじわと波及していることが示唆されています。アメリカはインフレを抑えるための政策を進めており、景気が縮小することは望ましいとされています。ただし、今後の経済指標の発表にも注目が必要です。 【2023年7月 米PCEデフレーター発表】 アメリカのPCEデフレーターが発表され、これは消費者の行動に基づいて計算される物価変動指数です。インフレの測定に用いられる重要な指標で、速報値や市場予想と比較してわずかながら上昇傾向を示しました。特にコアPCE(食品とエネルギーを除く指数)の上昇が注目され、インフレが依然として抑え切れていないことが示唆されています。金融政策の引き締めが必要かもしれないとの見方が強まっています。 【2023年8月 米雇用統計発表】 アメリカの雇用統計が発表され、雇用者数は伸びたものの、失業率は上昇し、平均時給はわずかに下がりました。また、労働参加率が上昇していることから、一時的な貯金の底を示唆し、人々が再び働き始めている可能性が示唆されています。アメリカの一般人の貯金が減少しており、インフレへの対応が進行中であることが示唆されました。この状況下で金利を上昇させてインフレ抑制を試みているアメリカの経済は、今後の経済指標によってさらなる変化が予想されます。
企業分析

【景気後退開始!?】雇用統計にリセッション入りのシグナルが点灯しました

「くろいずの経済ニュース:2023年5月29日~2023年6月2日」では、最新の経済ニュースとスイングトレードの成績を紹介しています。この週の注目ポイントは、米国の雇用統計でした。結果は予想を上回りましたが、失業率が増加し、平均時給がわずかに減少しています。これは景気減速の兆候となるものです。過去のデータからも、失業率の上昇はリセッションの始まりを意味することが明らかです。今回の雇用統計は重要なターニングポイントであり、次回のFOMCで利上げが停止される可能性が高まっています。しかし、インフレはまだ収まっておらず、金利引き上げは必要とされています。今後の利上げのタイミングは夏から冬にかけてであり、リセッションに突入する見込みです。記事ではさらに、投資家が準備を進めることの重要性も強調されています。 また、ブログではスイングトレードの結果として、サイバーエージェントの取引について言及しています。サイバーエージェントの株価は下落しており、訴訟問題や楽天への増資が影響しているとされていますが、投資家は一時的なものと見ています。 さらに、ブログのコメントセクションでは、経済アナリストの森永卓郎氏の著書「ザイム真理教」が紹介されています。この本は、過去30年のデフレと少子高齢化の要因を明確にし、財務省の役割に焦点を当てています。投資家は、経済を理解し、経済に強い政治家を選ぶことの重要性についても言及しています。
投資

【週刊投資ニュース】EVの限界?テスラ株の暴落!米雇用統計が発表!

2023年がはじまりました。 今年の株式市場は、どのような動きになるのでしょうか?
投資

【まだまだ雇用は強い】2022年9月の米雇用統計が強い結果となり円安へ…

2022年9月の米雇用統計が発表されました。 市場の予想よりも強い結果が出ており、今後の円安がさらに続きそうな気がします。
投資

【金融引き締め継続?】2022年8月の米雇用統計が発表

2022年8月の米国の雇用統計が発表されました。 今回の結果を受けて、今後の金融政策の方向性を予想したいと思います。
スポンサーリンク