米PCEデフレーター

週刊投資経済

【日米景気の明暗】先行するアメリカ経済と遅行する日本経済の舵取り

2024年1月、日銀金融政策決定会合が開催され、前回の金融緩和の方針が継続される可能性が示唆されました。日本のインフレ目標には不透明さがあり、記事では植田日銀総裁の発言や今後の金融政策に焦点が当てられています。植田総裁は労働組合の賃上げ要求や賃金上昇の経済への波及を言及し、2%の目標達成に向けての展望を示しています。しかし、具体的な達成度の測定は難しく、一時的な金利引き上げがあっても緩和政策が続く見通しです。記事は金融政策の影響や市場への影響、投資戦略の考察も提供しています。
投資

【日銀チャレンジ?】日銀の金融政策は日米の経済指標に大きく影響されています

日銀金融政策会合: 日銀は金融政策を粘り強く緩和方針に継続する。 2%の物価目標については確度が上がってきているが、閾値に達するまでデータを見て判断する。 賃金・物価の好循環の進展を見極める必要がある。 米国金利の動向が日本経済や為替に影響を与える可能性があり、それを考慮して金融政策を決定する。 CPI発表: 日本のCPIが発表され、高水準が続いているがピークアウトの兆しが見られる。 アメリカの金利が下がることで円高が進む可能性があり、これが物価安定への影響をもたらす可能性がある。 米PCEデフレーター: アメリカのPCEデフレーターが発表され、数値がピークアウトし下落の兆候が見られる。 アメリカ経済が下落するなか、金利を下げないとデフレに向かう可能性が指摘されている。 今週のコメント: 紅海での不穏な動きが物流に影響を与えている。地政学的なリスクが経済に影響を及ぼす可能性がある。 世界のパワーバランスが変化している中、分散投資が重要であるとの考えが示されている。 総括と今後への展望: 今後のアメリカ経済やFRBの動向、大統領選挙を含む不確実性に注目が必要。 グローバルなリスクに対応できる資産配分が求められる。
投資

【明確な転換点】アメリカの経済指標から個人消費の鈍化が見られ、景気が悪化していく理由

GDP改定値: 初期の速報値から改定されたGDPの結果が示され、その正確性が重要であるとともに、市場への影響や政策の調整についても考察されています。 個人消費の動向: GDPにおける個人消費の割合が下落しており、これが今後の景気動向に影響を与える可能性が指摘されています。 PCEデフレーター: アメリカの個人消費支出の物価変動を示すPCEデフレーターに関する情報が提供され、インフレの状態が議論されています。 金利と景気のバランス: 金利と景気のバランスについての議論があり、将来的な金利の動向や景気の影響を注視する必要があるとされています。 個人貯蓄率の低下: 個人貯蓄率が低下していることが示唆され、これが経済に与える影響や負債処理の問題が取り上げられています。 景気後退と対策: インフレが続く中、景気後退が懸念され、金利引き締めの影響や対策の必要性が論じられています。 アメリカの経済政策: 米国の経済政策に関するコメントがあり、大統領選挙前後の経済の動向に注視が必要だと指摘されています。 注意が必要なポイント: 現金の必要性や円高の可能性、金利と景気のバランスの調整などについてのアドバイスが述べられています。
スポンサーリンク