日本CPI

週刊投資経済

【早すぎた事実上の利上げ…】マイナス金利解除によるインフレ鎮静化の兆し

日本銀行のマイナス金利解除が日本のCPIに与える影響を解説。金利引き上げによる物価の下落が続き、インフレ目標達成が困難に。詳細なデータから今後の金融政策を考察し、税制改革の必要性を指摘。日本株投資の強気スタンスは継続し、他国株式市場との比較も行います。経済動向に影響する最新情報を提供し、今後の展望を解説します。詳しくはこちらで確認してください。【インフレ 金融政策 CPI 日本株投資 経済成長】
週刊投資経済

【国民の生活は苦しい】物価上昇は安定しているが、実質賃金が2年ほどマイナスな日本経済

日本のCPIが発表され、市場予想を下回っても2%を超えるインフレ率が続いています。これは、マイナス金利解除後の初の指標であり、インフレ率の維持が疑問視されています。食料品の価格上昇が主な要因であり、都市ガスの価格が抑えられている一方、賃金の実質上昇は見られず、政府は増税などの措置を取っています。今後の政治と経済の動向に注目しつつ、ゆる~く投資を続けることが提案されています。
週刊投資経済

【マイナス金利解除】日銀とFRBの物価上昇に対する金融政策の違い

2024年3月の日銀金融政策決定会合では、イールドカーブ・コントロールとマイナス金利の解除が決定されました。この方向転換は大きなリスクを伴いますが、現在の経済状況からの判断とされています。日銀総裁の発言では、物価上昇が持続的に進む見通しである一方で、緩和的な金融環境の継続が必要とされています。 同時に、アメリカのFOMCでは金利の据え置きが決定されました。これは、今後の経済動向を注視するためのものとみられます。アメリカの金融政策では、インフレ率が目標水準に達するまで利下げが続く可能性が高く、その後も慎重な対応が求められます。 一方、日本のCPIは市場予想よりもやや弱い結果となりましたが、物価上昇は続いています。日銀は利上げへの舵取りを始めており、今後の経済動向に注目が集まっています。金融政策のタイミングに関する議論は続きますが、適切なバランスを保つことが重要です。 2024年3月、日本のCPIが発表されました。前回の記事では、GDPがマイナスになりながらも物価が上昇する「スタグフレーション」の状況に言及されました。日銀の会合ではマイナス金利解除に向けた動きがあり、これが利上げへの舵取りと見られます。CPIの結果は市場予想よりも若干弱かったものの、物価上昇の兆しがあります。日銀はインフレ目標達成へ向けて利上げを検討しており、円安から円高への転換も模索されています。今後の金融政策の適切なタイミングには疑問が残りますが、マイナス金利解除はポジティブな動きとして捉えられます。
週刊投資経済

【国民の負担が限界…】スタグフレーションに陥った日本経済と崩壊しそうなアメリカ経済

日本のCPIが発表され、インフレ率が市場予想を上回っています。これにより、日本経済がスタグフレーションへと移行する可能性があります。一方で、アメリカのGDP改定値も発表され、前回よりも強い数字が示されました。しかし、住宅購入需要が低水準にあるなかでの経済成長は疑問視されています。また、アメリカの個人消費は冷え込みを見せており、経済の回復が不透明な状況です。これらの経済指標の動向からは、両国の経済が課題に直面していることが示唆されます。
週刊投資経済

【踏みとどまれるか!?】日本の消費者物価指数はどの水準まで下落する?

2024年1月、日本のCPIが発表。前年比2.6%で市場予想を上回るものの、大まかに予測通りの結果。日本CPIは長期的な下落基調にあり、これが2%水準で収束しない限り、日銀の利上げは難しい。金融緩和継続によりドル円は円安傾向が続くも、今の状況での円高リスクを避けるためには利上げが必要。しかし、これが経済に悪影響を及ぼす可能性も。円安方向が長期的な見通しとなりつつも、今後の経済状況に対する慎重な投資戦略が求められる。
投資

【日銀チャレンジ?】日銀の金融政策は日米の経済指標に大きく影響されています

日銀金融政策会合: 日銀は金融政策を粘り強く緩和方針に継続する。 2%の物価目標については確度が上がってきているが、閾値に達するまでデータを見て判断する。 賃金・物価の好循環の進展を見極める必要がある。 米国金利の動向が日本経済や為替に影響を与える可能性があり、それを考慮して金融政策を決定する。 CPI発表: 日本のCPIが発表され、高水準が続いているがピークアウトの兆しが見られる。 アメリカの金利が下がることで円高が進む可能性があり、これが物価安定への影響をもたらす可能性がある。 米PCEデフレーター: アメリカのPCEデフレーターが発表され、数値がピークアウトし下落の兆候が見られる。 アメリカ経済が下落するなか、金利を下げないとデフレに向かう可能性が指摘されている。 今週のコメント: 紅海での不穏な動きが物流に影響を与えている。地政学的なリスクが経済に影響を及ぼす可能性がある。 世界のパワーバランスが変化している中、分散投資が重要であるとの考えが示されている。 総括と今後への展望: 今後のアメリカ経済やFRBの動向、大統領選挙を含む不確実性に注目が必要。 グローバルなリスクに対応できる資産配分が求められる。
投資

【日本のインフレは一服感】アメリカの影響を受けて日本の景気は一旦、落ち着きを見せるか?

CPIデータ: 11月のCPIは前年比で+3.3%となり、市場予想は+3.4%でした。コアCPI(エネルギーを除く指数)は+2.9%で、市場予想と同じく+3.0%でした。また、コアコアCPI(食品とエネルギーを除く中でも特に揺れのない指数)は+4.0%で市場予想の+4.1%を下回りました。欧米型コア(日本の中でも比較的安定した部分)は+2.7%でした。 コメント: 結果は、やはり前月と同様に下落傾向にありました。これはインフレがピークアウトし、景気が鈍化している可能性を示唆しています。 先月の記事でも指摘されていたように、これが日本株の決算に影響を及ぼす可能性があります。景気低迷と需要の低下が企業の収益に影響を与えるでしょう。 一方で、まだ3%ほどのインフレが続いており、物価の上昇はこれからも一定の水準を維持する可能性があります。 日本の景気はアメリカの金利などに影響を受けやすいため、これからも様々な要因に注意が必要です。 投資に関するアドバイス: 投資においては、市場の動向をよく把握することが重要です。経済指標のみならず、国内外の政治的・経済的な出来事にも注意を払う必要があります。 新NISAを活用する際には、資金を分散し、柔軟にリバランスできるような投資戦略が求められます。 今後の展望については、アメリカの金融政策や国際情勢、特に中国での感染症の動向などが影響を与える可能性があります。情報を追跡し、リスクを管理することが不可欠です。
投資

【日本経済の運命】日本の景気は横ばいになりつつあるが、あとは税の考え方次第

CPI結果: 2023年10月の日本のCPI結果は、市場予想を上回り、前年比でCPI、コアCPI、コアコアCPIのすべてが高水準を記録しました。 これらの数値は以前の日本の経済状況からするとかなりの物価上昇を示唆していますが、経済の健全性にとっては一定の物価上昇が望ましいとされています。 CPIの鈍化: 今回のCPI結果は、前回の前年同月比と比較するとやや鈍化傾向が見られます。 しかし、まだ2%を超える物価上昇が続いているため、今後も物価の上昇トレンドは続く可能性があると述べられています。 経済の健全性: 物価上昇は経済の健全性を示す重要な要素であり、適度な物価上昇は経済が健康であることを示すものです。 今後、イスラエルとハマスの戦争などが原因で原油価格が上昇する可能性があるため、物価上昇が一時的に増加するかもしれないとの指摘があります。 税金政策: 日本の経済が強くなるためには、物価上昇だけでなく、税金の取り扱いも重要です。 現在の税収上昒で大幅に増えているため、減税が検討すべきであると主張されています。 新NISAと投資戦略: 新NISAが導入されることから、どのようなポートフォリオを構築するかが議論されています。 著者は、分散投資を奨励し、特定の資産クラスへの偏りを避け、アクティブな投資家として、賢明なポートフォリオ構築を目指すべきと述べています。
スポンサーリンク