日本株

投資

【徐々に景気悪化?】アメリカの経済が縮小し始めているが、まだまだ景気は強い

【2023年4-6月期 米GDP改定値発表】 アメリカのGDP改定値が発表され、速報値から改定された数値が示されました。結果は速報値や市場予想に対して下振れし、高金利市場の影響が経済にじわじわと波及していることが示唆されています。アメリカはインフレを抑えるための政策を進めており、景気が縮小することは望ましいとされています。ただし、今後の経済指標の発表にも注目が必要です。 【2023年7月 米PCEデフレーター発表】 アメリカのPCEデフレーターが発表され、これは消費者の行動に基づいて計算される物価変動指数です。インフレの測定に用いられる重要な指標で、速報値や市場予想と比較してわずかながら上昇傾向を示しました。特にコアPCE(食品とエネルギーを除く指数)の上昇が注目され、インフレが依然として抑え切れていないことが示唆されています。金融政策の引き締めが必要かもしれないとの見方が強まっています。 【2023年8月 米雇用統計発表】 アメリカの雇用統計が発表され、雇用者数は伸びたものの、失業率は上昇し、平均時給はわずかに下がりました。また、労働参加率が上昇していることから、一時的な貯金の底を示唆し、人々が再び働き始めている可能性が示唆されています。アメリカの一般人の貯金が減少しており、インフレへの対応が進行中であることが示唆されました。この状況下で金利を上昇させてインフレ抑制を試みているアメリカの経済は、今後の経済指標によってさらなる変化が予想されます。
投資

【日本景気は減速する?】FOMCに引き続き日銀の金融政策も利上げへ…?

2023年7月、FOMCと日銀の金融政策決定会合が行われました。FOMCでは市場予想通り25bpの利上げが実施され、しかし市場はほとんど反応しませんでした。パウエル議長の会見では、経済活動が緩やかに拡大しているものの、インフレ率が高水準であることが確認されました。また、日銀の金融政策決定会合では、10年金利のコントロール方針が変更され、1.0%まで許容する方針が示されました。これにより、日銀はYCCの撤廃に向けた出口戦略を示唆しています。しかし、景気が回復しきっていない現状では金利水準に注意が必要であり、経済の動向に注目が集まる状況です。
投資

【日本株の時代到来か!?】”貯蓄から投資へ”日本株がこれからも上昇する理由

2023年7月の日本株相場は横ばいになりつつあり、経済指標は堅調な状況です。特に注目されたCPIの結果は、強い結果となり、日本がインフレ時代へ向かう可能性が高まっています。これからのインフレ時代では現金の価値が目減りするため、日本人の投資意欲が高まると予測されます。新NISA制度の開始により、投資に対する興味が増えることも期待されます。日本人の個人金融資産の一部が株式市場に流入することで、株式相場の上昇が期待されます。日本経済の強さが海外投資家からの資金流入を引き寄せる要因となり、日本株の時代が到来する可能性も考えられます。これからの日本株の上昇期待に備えて、米国株の配当金を円転させるなどのポジション調整が重要です。分散投資を心掛けることでリスク管理が可能となります。
スポンサーリンク
投資

【リセッションは確実?】表面上の経済指標に騙されている市場

2023年7月3日から7月7日までの経済情報では、日本の日銀短観結果と米国のISM景気指数、雇用統計の発表がありました。日銀短観では、製造業と非製造業の景況感が前回から堅調に推移しており、円安とインフレの影響が大きいとされています。米国のISM景気指数では、製造業が市場予想を下回り景気が縮小している一方、非製造業は市場予想を上回り拡大しています。雇用統計では、雇用者数が市場予想を下回り、失業率と平均時給は予想と変わらない結果でした。さらに、記事ではアメリカのステルス金融緩和についても取り上げられており、インフレを抑えるための取り組みが行われていることが示されています。スイングトレードの成績では、7月初週は機関投資家のETF換金売りが発生し、保有していた銘柄を損切りしたと述べられています。また、アメリカの景気や金利の予想についても議論されており、景気の動向に注目しながら投資を進める必要があるとの提案がされています。
投資

【日本株に逆風か!?】堅調な物価上昇率ではあるが、短期的には注意が必要!

今回の記事では、2023年6月19日から6月23日までの経済情報を取り上げ、日本のCPIやスイングトレードの成績などについて解説しています。投資に関心のある方にとって興味深い情報が提供されています。
投資

【日本株の上昇トレンド継続!】警戒感のあるアメリカ景気と対照的な日本の景気

最近の日本株式市場の上昇要因と、過去数週間の経済情報を紹介します。メジャーSQの影響やアメリカの景気指数についても言及し、今後の展望についての見解を提供します。株式投資家やトレーダーにとって注目すべき情報です。
投資

【日本株は危険水域!?】物価上昇を反映する経済指標がどれも伸びています

2023年5月の各国のPMIによると、日本の景況感が際立っています。日本の自動車産業や半導体関連銘柄の業績が好調であり、日本株に勢いが増しています。 アメリカでは2023年1-3月期の実質GDPが発表されました。物価上昇の影響もあり、GDPは伸びています。個人消費の支出も増えており、インフレが続く可能性があります。 アメリカのPCEデフレータも発表されました。物価指数として使われるこの指標は堅調であり、現在のインフレを抑えながら景気後退は起きていないようです。 アメリカの金利予想にも変化があります。6月に利上げが予想され、11月からの利下げが期待されています。 日経平均株価の上昇は一時的に止まっており、アメリカの債務上限問題の影響もある可能性があります。6月中旬までに合意が得られなければ問題が生じる可能性があります。 日本株への投資は、ドル安に対するヘッジとして行われていると考えられます。ドル高円安のうちに日本株を安く買い、ドル安円高になった時に売却することで、株と為替の上昇を得る戦略です。
投資

【強い日本経済】過去のデフレから脱却し、世界から注目され始めた日本

経済ニュースまとめとスイングトレードの成績を提供するくろいずからの経済情報。2023年5月15日から5月19日のニュースでは、日本の四半期GDP速報値が発表され、長年のデフレからの脱却が示唆されました。また、日経平均株価が3万円を突破し、海外からの投資マネーが日本に流入している状況が報告されました。さらに、2023年4月の日本のCPI結果が発表され、物価上昇率が適度な範囲で推移していることが分かりました。投資戦略としては、アメリカの債務上限問題や利下げ、日銀の金融緩和撤廃などのシナリオに備え、円高に対する様々な観点を考慮していることが述べられています。現金保有と準備の期間に入り、6月以降の世界経済の動向を注視しています。
企業分析

【利上げ停止後の米国金利】市場の金利予想と実体経済の反映の遅れ

米国で利上げが一時停止され、長期金利の低下が予想されますが、市場の金利予想と実績にはどのような変化があるのでしょうか?今回は、米国の金利動向について、市場予想と実績の比較を交えて解説します。
投資

【金利のジレンマ】米国の経済が崩壊寸前でも金利を上げないといけない強い経済

アメリカの債務上限問題が発生していますが、経済の強さを見ると引き締めの方向に動きたいジレンマがあります。 そんな中、植田日銀総裁の初の会見が行われ、日本株が有利な状況へと動いています。
スポンサーリンク