週刊投資経済

週刊投資経済

【経済の停滞は政治責任】インフレ目標に達成し、国民負担率を引き下げない日本の政治

日本のCPI(消費者物価指数)の最新データが発表されました。マイナス金利解除後の日本経済の動向を解説し、市場予想を下回る結果や、今後の経済成長に関する懸念点を詳述しています。また、税金の引き下げの重要性やG7各国と比較した国民負担率の問題についても言及。日本経済の未来について、政府と日銀の役割を再考する重要性を強調しています。
週刊投資経済

【米CPIと日銀金融政策】インフレ抑制と利下げの行方

2024年6月の米CPIと日銀の金融政策について詳しく解説。年内の利下げシナリオが現実味を帯びる中、アメリカと日本のインフレ状況、経済成長、そして今後の金融政策に重点を置きます。パウエル議長と植田総裁の発言から読み解く経済見通しと市場への影響についても解説。詳しくはブログ記事をご覧ください。
週刊投資経済

【景気後退のリスクと投資戦略】アメリカのISM景気指数と雇用統計発表

2024年6月、アメリカのISM景気指数と雇用統計が発表され、景気後退のリスクが高まっています。市場予想を下回る結果や高金利の影響で、個人消費の鈍化が続く中、今後の投資戦略と景気動向を探ります。最新の経済指標から読み取れる情報と投資家へのアドバイスを詳しく解説します。
スポンサーリンク
週刊投資経済

【アメリカ経済の現状分析】最新GDPと個人消費データから見える景気後退

2024年5月27日~31日の経済情報をお届け。アメリカの1-3月期GDP改定値の発表で個人消費の落ち込みが明らかに。PCEデフレーターは横ばいで、企業は高い物価水準を維持中。個人消費支出と貯蓄率のグラフからも分かるように、消費者は貯蓄を切り崩して生活している状況です。米国の景気後退リスクと投資戦略を探りましょう。
週刊投資経済

【早すぎた事実上の利上げ…】マイナス金利解除によるインフレ鎮静化の兆し

日本銀行のマイナス金利解除が日本のCPIに与える影響を解説。金利引き上げによる物価の下落が続き、インフレ目標達成が困難に。詳細なデータから今後の金融政策を考察し、税制改革の必要性を指摘。日本株投資の強気スタンスは継続し、他国株式市場との比較も行います。経済動向に影響する最新情報を提供し、今後の展望を解説します。詳しくはこちらで確認してください。【インフレ 金融政策 CPI 日本株投資 経済成長】
週刊投資経済

【インフレとスタグフレーション】米CPIと日本GDPが示す経済の行方

2024年5月の米CPIと日本のGDP速報値を分析。日本のインフレとスタグフレーション、減税と利上げの必要性について解説。アメリカの高金利政策が日本経済に与える影響を詳述し、今後の経済展望を探ります。最新の経済動向を詳しく知りたい方は必見の記事です。
週刊投資経済

【景気の先行指標】TELの決算から読み解く、今後の景気予想

2024年第4四半期、半導体製造装置の東京エレクトロンの決算が発表されました。これは景気の先行指標とされ、売上高などが前年比で17.1%減少したものの、予想よりは上回っています。しかし、2025年へ向けて景気が悪化する可能性が指摘され、特に中国向けの売上が大きいため、中国の経済低迷や不動産バブル崩壊の影響に警戒が必要です。
週刊投資経済

【リセッション前夜】雇用統計さえも強く見せることを諦めたアメリカ経済

2024年5月、企業の購買担当者への調査結果に基づくISM景気指数が発表されました。製造業・非製造業ともに50を下回り、経済の不況が明らかになりました。景気が低迷する中、雇用統計も悪化し、利下げの可能性が浮上していますが、インフレ再燃の懸念から慎重な見方もあります。アメリカ経済のリセッションを避けるのは難しく、積立投資などの戦略が重要です。
週刊投資経済

【アメリカ経済の危機】インフレが収まらずスタグフレーションが発生し、米国株の下落が懸念される

米国の1-3月期のGDP速報値が発表され、インフレが強まる中、経済成長にも影響を与えるか検証されました。速報値は市場予想を下回り、経済成長の鈍化が顕著になりました。また、PCEデフレーターの結果も市場予想を上回り、インフレ懸念が高まっています。これにより、FRBの利下げの可能性が問われていますが、市場参加者の金利予想は不透明な状況です。大統領選挙を控え、利下げが見送られる可能性もあります。
週刊投資経済

【国民の生活は苦しい】物価上昇は安定しているが、実質賃金が2年ほどマイナスな日本経済

日本のCPIが発表され、市場予想を下回っても2%を超えるインフレ率が続いています。これは、マイナス金利解除後の初の指標であり、インフレ率の維持が疑問視されています。食料品の価格上昇が主な要因であり、都市ガスの価格が抑えられている一方、賃金の実質上昇は見られず、政府は増税などの措置を取っています。今後の政治と経済の動向に注目しつつ、ゆる~く投資を続けることが提案されています。
スポンサーリンク