日常

日常

【歴史に残る売国】NTT法が改正され、日本の通信インフラが危機的な状況に…!

売国政権が歴史に残る改正案として「NTT法」の改正を閣議決定しました。しかし、改正内容は不必要なものが含まれ、国の通信機能やプライバシー保護に影響する可能性があります。具体的には、研究開発の自律性の強化や外国人役員の規制緩和などが盛り込まれています。これにより、日本の通信技術が他国に漏れるリスクが高まります。政治の透明性や国益を損なう恐れがあり、次の選挙で政権交代が求められています。
日常

【異例の提訴!?】犯罪行為が報道されると「人権侵害だ」と訴えるクルド人

クルド人による日本人差別は収まらず、ヘイトスピーチが行われたという事実が存在します。ヘイトスピーチを行った張本人は謝罪会見を行いましたが、その後日本人ジャーナリストを提訴しました。 また、先日は不法滞在者のクルド人2世が日本人の中学生を強姦するというあってはならない事件が発生しました。 しかし、この件に関して国会議員は管轄外として問題から目を背け、日本国民を見捨てました。 このような事態が発生しているのにもかかわらず、移民政策を推し進めている自民党・公明党の政権与党は日本を衰退させている自覚がありません。
日常

【日本保守党の初陣】不祥事続きの衆院東京15区補欠選挙にクリーンな候補者を擁立!

日本保守党が結成され、衆院東京15区の補欠選挙に候補者を擁立することが決定しました。候補者はイスラムの思想研究者である飯山陽さんであり、中東情勢に詳しい方です。日本の政治において、中東の問題やクルド人の問題などが取り上げられることは少ない中、彼女の専門知識が政治の中枢で重要な役割を果たすことが期待されています。 補欠選挙が行われたのは、自民党の推薦候補が職選挙法違反で起訴されたためであり、自民党の候補者が立て続けに不祥事に関与している状況です。このような背景から、日本保守党の台頭が日本の政治シーンに新たな風を吹き込む可能性があります。
日常

【スパイ天国も終わり?】議員会館に出入り自由だった中国籍の女が書類送検

海外からのスパイ工作や詐欺などの問題が深刻化している日本で、中国籍の女性が詐欺容疑で書類送検されました。この女性は国家基盤に関わる重要な問題であり、中国の秘密警察の存在が指摘されています。中国では国防動員法があり、海外に住む中国人も共産党の指示に従わなければならず、秘密警察が活動しています。この女性が日本の議員会館に自由に出入りしていたことは大きな問題であり、セキュリティ・クリアランス制度の設立が急がれています。この制度がないことで日本の経済や安全保障に悪影響を及ぼす可能性があり、政府は対策を急ぐ必要があります。
日常

【日本人〇ネ!】日本への差別・ヘイトスピーチが止まらないクルド人

この動画は、2024年2月18日に蕨駅で発生した、移民によるヘイトスピーチを示しています。ヘイトスピーチによって日本人を攻撃している様子が明らかになっています。さらに、川口市では身元不明の遺体が川に浮かぶ事件が相次いでおり、治安の悪さが深刻化していることが示唆されています。これらの問題は、クルド人との関連が指摘されており、PKKというテロ組織がクルド人に関連している可能性が示唆されています。また、日本国内におけるクルド人の影響力や友好議連の存在なども取り上げられています。 これらの事実は、日本国内における移民や外国人との関係や、治安の問題に対する重要な議論を呼び起こしています。現在の状況を正確に把握し、適切な対策を講じる必要があるでしょう。
投資

【金利のトレンド転換】2023年を振り返って来年の投資戦略を整理する

2023年の金利動向: 2022年はFRBが急激な利上げを行い、日米金利差が開いて円安が進んだ。 2023年ではFRBが金利上昇を抑制し、逆に日銀が金利を示唆してドル円は円高に傾くとの予測。 金利チャートの分析: アメリカの10年金利が急速に下落し、日本は横ばいで抑えられている。 アメリカの金利水準がまだ高いため、アメリカでの利下げ余地があり、ドル円は円高方向に振れる可能性。 ドル円チャートと為替の展望: ドル円は円高に振れ、これはアメリカの利下げが主因と考えられる。 アメリカ経済の減速が続く場合、リセッションの可能性があり、円高によりアメリカ資産が割安になる。 投資戦略の提言: アメリカが利下げる中、円高が進むならば、円でアメリカ資産を購入する価値が増す。 分散投資が重要であり、今は全世界株などが良い選択肢。 総括と今後への展望: 2023年は貯めてきた日本円を世界に投じる年となり得る。
スポンサーリンク